設備投資は余剰資金で賄うのがセオリー

経営者として知っておくべきこと

大なり小なり企業の経営者にとって最も重要なテーマと言えるものの一つが、資金繰りです。キャッシュフローがショートしてしまえば、いかに有望なビジネスを行っていても企業の存続が不可能となるためです。一方で設備投資なき企業はいずれ市場の波に淘汰されることになりかねないため、いかにして資金繰りと設備投資のバランスを取るかが経営者の腕の見せ所となるわけです。この点、セオリーとしては設備投資は余剰資金の範囲で行うべきであると言われています。設備投資を行っても、それに見合うリターンが保証されているわけではないことから、万が一投下資金が回収できない事態になったとしても、資金繰りが行き詰まることのないようにすべきというのが背景にある考え方です。

優先順位をつけて設備投資を行うこと

設備投資は余剰資金で行うべきであるからといって、むやみやたらに設備投資を行えばよいというものでもありません。経営者である以上は、投資に見合ったリターンが得られるかどうかをシビアな目で見極める必要があるのです。この点、会社の機関事業にとって不可欠な設備をリプレースしたり、維持管理するために必要となる費用は惜しむべきではありません。一方で、新規事業や傍流の事業に必要な設備について、どこまで投資するかは難しいテーマです。確実にこうすべきという正解は存在しませんが、一つ言えるのは、少なくとも事業計画を作成して投資により収益が見込める可能性が高いという実態を確認した上で判断することが重要ということです。