支払を現金から手形に変更する

支払手形は支払い資金を事業に回せる

事業を行うにはまずは準備が必要になります。商品を販売するなら仕入れが必要ですし、仕入れをすれば倉庫に保管したり運送サービスを利用したりします。これらの準備にお金が必要になります。最終的にはそれらの商品を販売して代金を受け取れますが、代金を受け取るより前に仕入れ代金や倉庫利用料などの支払いを先にしなくてはいけません。事業資金が十分でないとき、どんな方法で乗り切ればよいかです。その時の方法として支払手形の利用があります。請求書が来た時は通常は即日から1か月以内ぐらいに支払いが必要になります。支払手形であれば1か月から数か月以上先に支払いを伸ばせます。その間手元にお金が残るので、事業運営に回せば事業拡大が可能になります。

支払手形は利息のない融資に近い存在

事業を行うには運転資金が必要になります。安く仕入れて高く販売すればそれだけ利益が得られますが、お金の流れは先に仕入れ代金等の支払いをしなくてはいけません。先に支払う分のお金を運転資金として用意しておかないと取引をしてもらえません。事業資金の調達方法としては借り入れがありますが、借り入れは利息の支払いが必要になります。その代りに利用したいのが支払手形です。支払先との話し合いで支払いサイトを決め、その期間は支払いが猶予されます。お金を借りてすぐに支払うときは、借入期間に応じた利息を支払わないといけません。支払手形は利息が発生しない仕組みなので、猶予期間融資を受けているのに近い状態でありながら利息の支払いは不要になります。