事業資金は大きく分けて、会社を運営する運転資金と設備投資を行ない、会社を成長させるための投資資金の2つに分かれます。資金と聞くと、金融機関からの借金をイメージする人も多いかと思いますが、ちょっとした工夫で借入を減らすことができます。このコラムでは具体的な方法を説明します。経営者や経理担当の方は必読です。

運転資金の運用

余分な在庫は持たない

事業資金の中で大事になってくるのが、運転資金になります。運転資金が不足すると経営できなくなり、倒産の危機になります。そこで、重要になるのが無駄なお金を使わない事です。例えば、…

支払を現金から手形に変更する

事業を行うにはまずは準備が必要になります。商品を販売するなら仕入れが必要ですし、仕入れをすれば倉庫に保管したり運送サービスを利用したりします。これらの準備にお金が必要になります。…

受取手形を割り引きにだす

手形での決済は2016年時点で424兆円程度であり、ピーク時の1990年代に比べると9割程度減少しているもののまだこれだけの取引量があります。手形は、その特徴として売買等の支払手段…

投資資金の運用

投資資金は設備や土地の購入など、事業を拡大させるために用いる資金です。投入するお金が大きくなるので、しっかりした事業計画の立案が大切になります。ここでは設備投資の考え方と運用方法を説明しますので、是非、参考にして下さい。

リースを有効に活用して、投資額を抑制する

ビジネスで重要になる効率の良い投資

事業資金に余裕がある時は、投資をして利益を得る方法も効果的です。ビジネスは自社だけだとリスクが高くなるため、資金の使い方を工夫しておくと問題を避けられます。投資を行う時には効率が重要で、上手く対応しておかないと失敗します。効率よく利益を得るためには、資金を提供している所への指示も重要になります。 投資先の経営では費用が問題になりやすく、損失になっている部分を減らさなければいけません。固定費などの負担を小さくできないと、効率の良い経営はできないです。投資先に対してはある程度指示ができるので、負担が軽くなる対策を指定すべきでしょう。特にリースを上手く使うと費用を減らせるため、やり方の工夫は十分にしなければいけません。

投資でポイントになるリースの使い方

余った事業資金を使って行う投資は、十分な利益を得られる形にする必要があります。投資先が効率の良い経営をしなければ、せっかく提供した資金が無駄になってしまいます。ビジネスでは費用を減らすのが大切なので、リースの制度を上手く使うと失敗しません。事業でかかる負担を大幅に減らせるので、十分な対策をしておくべきでしょう。 リースを使った対策では利用する企業選びが重要で、問題がない形にしなければいけません。何らかの商品やサービスを借りて行うリースは、利用する企業によって便利さが違います。いつでも提供してくれて品質が良いリースならば、問題なく事業の支援として使えます。しかし多くの場合何らかの欠点がありますから、どのような特徴があるのか十分に調べる必要があります。